ネカフェ暮らしの人は家賃無料の期間工で働いてみては?

ネカフェ暮らし


期間工 ブログ

スバルとトヨタの2社で働いた元期間工のアングラです。

当ページでは現在ネット暮らしの方に向けて期間工で働けば家賃そのものを丸々浮かす事ができるよという事を提案するページになります。

スバルで働いていた時に、昔、ネカフェ暮らしだったという同僚がいたんですね。

彼曰く、アパートを借りる事ができなかったそうで、
仲介手数料と敷金&礼金が無かったと言ってました。

それで、仕方なくネットカフェで寝泊まりするようになったと・・・。

その元同僚がもっと早く期間工で働けば良かったと言っていたのを思い出したのです。

その当時の記憶を元にこの「ネカフェ暮らし」の記事を書いています。

その元同僚は東京都内で派遣会社に登録して働いていました。

東京都内のネットカフェを転々として暮らしていたそうでネットカフェ費用がもったいなかったと言ってましたね。

2022年現在でも東京都内で約4000人のネットカフェ難民がいると東京都が発表しています。

結論としてはネカフェ暮らしを続けるくらいなら、期間工のお仕事で家賃を浮かせた方がお得です。

その理由は
入社祝い金や給料も高く、その他にも家賃が無料、光熱費も無料、その他にもホンダでは昼飯が無料というもの凄い条件が揃っているからです。

ブログ主である私も2年間期間工でお世話になりましたが、家賃と光熱費は1円も払っていません。

MEMO
たった2年で300万円貯められたのもこれらの好待遇が揃っていたからです。

ネカフェ暮らし 費用

東京の場合ですと夜だけ利用する「ナイトパック(12時間)」で1泊2,500円くらいが相場でしょうか。

つまり、30日連泊すると75,000円になります。

また、日中も利用する場合は2000~6000円になります。

1ヵ月のフリーパス等を利用したら費用をちょっとは安くはなりますが、このような長期パックは料金が前払いなことがほとんど。

利用する前に、ある程度まとまったお金が必要になります。

東京都内の場合、30日長期パック料金はブース席で5~6万円、個室タイプで8万円からと安くはないです。

その他にも食費も1ヵ月に3~4万円はかかるでしょう。

光熱費はネカフェ負担です。

シャワーは無料のところもありますが、1回100円とるネットカフェも多いです。

以上トータルすると10万円以上になるでしょう。

ネカフェ暮らしと期間工の比較

項目 ネット暮らし 期間工
本給 25~30万 25~30万
住居費 7~9万円 0円
光熱費 0円 0円
1ヵ月食費 4万円 3万円
手残り 16~23万 22~27万

やはり、ネカフェ暮らしはネットカフェ費用が高くてかさんでしまうのが難点ですね。

ネカフェ暮らしを抜け出すには、住むところが無料の期間工で働くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。